2014年10月24日金曜日

文フリ本、完成しました~


こんばんは~。

一か月前入稿のプランだったので、なんか後回しになるのかなとか思っていたらとんでもなく。
なんと本日、完成した本がどさっと到着いたしました。
なのでその写真を載せようと思います。


こちらが上からぱしゃり。




こっちは立ててみたやつ。






こんな感じです。
どうです、結構かわいらしいですよ、シンプルですけれど。

二枚目とか特に、表紙がもんやーりとしてしまっていますが、これは用紙のアラレ模様のうつりのせいなんですね。光沢のあるアラレ模様がかわゆいです。

中身としては、字がけっこう大きめです。
母に判定してもらったのですが、老眼でもよく見えます。(!)
字大きめ、行間せまめ、印刷はくっきりのMS明朝。
ところどころしねきゃぷしょんさんを使ってます、このフォントはすべてをかわいくする魔力ありますねー……。

とじしろをもう少しとればよかったかなとかも思いますが、読みにくくはないです。
最近翻訳ものばっかり読んでいて狂気のように小さい字に慣れきっていたので個人的にはウオッとは思いましたが(後悔してないですよ!)。


以下、前回などの情報になります。備忘録。

★【ヲンブルペコネ】のWEBカタログのURL。
https://c.bunfree.net/c/bunfree19/1F/B/12 ←こちらになります。

★ブース番号【B-12】
 サークル名・ヲンブルペコネ

★第十九回文学フリマは11月24日、東京流通センターにて開催されます。




落山 羊

2014年10月22日水曜日

表紙画像など@文フリ本

こんばんは~。
文フリのほうでは、順調にWEBカタログの公開・参加証の送付などもはじまったようです。

拙宅【ヲンブルペコネ】ももちろん載っておりますので、ぜひチェックしてみてください。


https://c.bunfree.net/c/bunfree19/1F/B/12 ←こちらになります。


文フリ公式でも推していることですが、WEBカタログは全部、無料ですので!
チェックを入れられたりして、とっても便利だと思いますよ~。

ちなみにカタログの文章にはとまどいが前面に出る結果になってしまっていて悶えたい気分です。とはいえちゃんと書くべきことは書いたかな! と思うので。



ほい!
こちらが今回頒布する本の表紙になります。
ちょっとこの画像をつくる関係でふちが黒くなってしまったのですが、実物は白いです。

シンプルイズベスト。

技量がなかったとか、そういうのはどうでもよろしい!!!!
結構かわゆい感じかと思います。
まだ実物を目にする日は遠いのですけれど、わたしがいちばん楽しみです、間違いなく。


内容の説明をするのはなかなか難しいんですけれど、少女にまつわる短篇集です。
だいたい女の子の話です。「いい感じ」の排除と、流血しないグロテスクをめざしております。
勢いで飲みこんでのどに詰まらせてほしい、そんなイメージでつくりました。
キーワードは【卵、猫、少女】、この直截なみっつでお送りします。


入稿やなんかも終わりまして、(※ここ大変重要ですよ)、あとは待つ身なのですね。

これからは無配ペーパーとノベルティ(というか挿むもの)のしおりを作る予定です。
なので、買わずともブースに立ち寄っていただきますと、これらの品をもれなく押し付けられると思いますので、お気軽にいらしてくださいね。

初出展ですし、ほかのイベントに参加したこともありません、ずぶの素人ゆえに、なんとか宣伝をしようと思っているのです。とはいえtwitterのほうは混沌としておりますし、新しいアカウントを作るのは躊躇われるしでなんだかかんだか。そのうちアカウントもそっと差し替えるかもしれませんが。

今のままだとただのプライベートなアカウントなんですよね!

かなり少部数なかんじですけれど、「ドライ・メライ・ドーリーズ」になんか惹かれた、とか、ありましたらはい、B-12へどうぞ!
今回の文フリはどうも100サークルほど増えたということですし、わたしもどうにかなっておくれと願うばかりです。あっ、そういえばほかのサークルさん方をめぐるのも楽しみです。



落山 羊

2014年10月18日土曜日

進捗&ブース決定

こんにちは。

本当にタイトルの通りなんです。
印刷所さまのプランの関係で、〆切はあともう少し、鼻の先です。

なんというかいざ入稿という段階にきて、ようやく、右も左もわからねえ!ってなりはじめたわけです。
オンデマンド入稿なわけですけど、やばお。
Wordを罵りたくもなるってものですね。


でもまあ四苦八苦しつつ。
色々決まってまいりましたのでお知らせ申し上げたいと思います。

まず、配置場所が決まりました!
一階の【B-12】、小説は純文学のコーナーに「ヲンブルペコネ」として出展いたします。

そいでもって頒布物。

「ドライ・メライ・ドーリーズ」

短篇集、落山の短篇を七篇収録しております。
目次とか、おいおい紹介してゆきたいですね。ページ内容をチラ見せしたりだとか、そういうの。
頒布価格は300円です。

目次も何も見せていない状態であえて言うと、自分でお気に入りの作品は「ボイルドエッグ・スクランブル」という作品です。



すごく今更ですけれど、参加するイベントは「第十九回文学フリマ」ですので、お間違いなく!



圧倒的初心者で、配置も決まり入稿も間近で、楽しみであると同時に緊張もしております。
なんか粗相をしそうでこわいですね……。
とりあえずは無事な入稿を願って、いて、ください、まし。



落山 羊