2016年10月15日土曜日

『赤錆びと渇きの。』『眩暈の紫』委託通販のご案内

こんばんは!
先日のテキレボ新刊の通販がはじまりましたので、お知らせします◎

アリスブックスさまでの委託通販となっておりますので、イベント頒布価格とは異なりますがご了承ください。わたしのほうには個人情報が渡らない仕組みですので、安心して利用いただけるかと思います。


『赤錆びと渇きの。』

http://alice-books.com/item/show/6028-1

750円(税別)
B6判・本文80頁 著者:跳世ひつじ 装画:あるびの

本文抜粋ブログはこちら→ 『赤錆びと渇きの。』本文抜粋


赤錆びの雨が降り、街は陰鬱に彩られていた。
青年マリアは、薄暗い雨降りの昼に、《人形店》の主とその作品を殺害した。己のなかの殺人者の影に喘ぎ、苦しみ、悶える彼は、自らが手にかけたはずの少女人形オルガと再会する。殺したものと殺されたものはやがて奇妙な関係を築き、餓え渇く魂を埋めるため、ひたすらに腕を伸ばしはじめる――。
「貴方は僕を欲望する」




『眩暈の紫』


http://alice-books.com/item/show/6028-2

※アリスブックスさまに登録した画像には帯がないので、こちらは写真です。実物ー。

550円(税別)
B6判・本文60頁 著者:跳世ひつじ

本文抜粋ブログはこちら→ 『眩暈の紫』本文抜粋


双子の一方は若く、一方は老いていた。
赤い雨が止み、奇病が蔓延るホーン。数年ぶりに師のもとへと帰ったヴァイオレットは、幾度も繰り返す少女の生のなかで、いつも死だけを見つめていた。
師弟のきずなと双子の情、街の愛し児たるヴァイオレットは、誰を愛し、誰とともにあることを選ぶのだろう。
「あたし、あんたを許すわ」




以上2点の出品となっております。
11月23日文学フリマ東京にも持ち込みますので、もしイベントにいらっしゃるかたはそちらで手に取っていただくほうが楽かもしれません。タイミング的には10月23日のコミティアが終わるとアリスブックスさんで委託通販をするサークルさんが増えるので、なにか目的のものがあるかたは一緒に利用してくださると嬉しいです。





跳世ひつじ

0 件のコメント:

コメントを投稿