2017年4月3日月曜日

Text-Revolutions5参加報告

こんにちは。
先日はテキレボ5に参加してきました!
1枚も写真撮ってなかった。まだ荷解きもしてないので戦利品も同じく……。
(段ボール開けるタイミング逃したし、もはやこのまま文フリに送りたい。あばー)

ちゃんと早起きしたはずなのにサークル入場時間に間に合わず、なんだかがちゃがちゃと設営していました。どうして間に合わなかったんだろうな。
ぼんやりまったり過ごそうと思っていましたが結局買い物に立ちまくった。あんまりかうつもりなかったのにいっぱい買ってた。積読がすごいです。この過ち(?)は文フリでは繰り返さないぞ。



◎今回から代行がスタッフによるピックアップ形式じゃなくなりましたね。
ひとりサークルではありますが、わりとひょいひょい席を立つ身としては特に問題ありませんでした。しかし封筒の中に入っていたシールに気がつかず、一度戻った。うう。
代行は『病める白百合』を数冊注文いただいたようで、無事にお届けすることができたと思います。しかし代行の品を持っていくのが13時までだとなかなか判断に困ることもあるだろうなァとは思います。わたしは在庫どばっと持ってくタイプですが、そうじゃないかたは13時までに全部持っていったら机上が空くかも……とかなったりするのかな?
どちらにせよ事前に通知はあるので、搬入数に迷うことはないのかも?
とにかく、ご注文ありがとうございました!

◎委託が入り口にあってびっくりしました。なるほど。
午後にふらふらしてたらちらほらと売り切れが出てて、ほっこりしました。委託で売り切れっていいよね。
しかし本部が狭くて大変そうだったような……?
お買い物チケットの換金とか、委託のお会計とか、やっぱり並びますよね。

◎後片付けはいつもながら若干モヤる。
仕方ないとは思うのですが、閉会から後片付け・懇親会の流れに普通に一時間半くらいかかるので手持ち無沙汰……と思っていると手が空いている人は手伝って→(机やいすを乗せる台車がこないので)はいストップ―→手伝ってー→はいストップ―ってなってると地味に帰りたくなります。
とはいえ前回同様公式打ち上げに参加しているので、手伝ったり待ったりましたー。
あと飲み物はいっぱいあるのに紙コップがなくてちょっとあわれだった……。

◎懇親会、じゃんけん大会おもしろかったです。負けたけど。

◎企画、今回はどれも参加しませんでしたけど、翻訳こんにゃく?楽しそうだったな。
あと相変わらずポスカラリーはすごいですね! おじコレは申込がメールだからあとでやろうあとでやろうと思ううちに締め切りを迎えた。(でも参加しようと思っていた『&Blue』は完売しました。ありがとうございます!)
センスがないので300字SSに地味に怖気づいてしまうんですよね。一枚のポストカードとして魅力的なものを作るの、ちょうむずかしそう。自分が欲しいものが作れそうにないので見送りがちです。

◎みなさん、お菓子をくださってありがとうございました……!
へらへらしてたけどすごい嬉しかったです。やっぱりイベントでは、挨拶できてよかったー、感想伝えられてよかったーって思います。ネットでも感想書くし、現実では超面白かったでーすへへへーくらいしか言えないんですけど、それでも言いたいというか、言いたかった! わーい。そして方々の新刊をげっとしたぞ。

◎頒布成果
最近Twitterの運営をクソさぼってるもありそうですが、全体的にはまずまずといったところでしょうか。とはいえ今回は落山の既刊『ラプラスの新悲劇』と『&Blue』が完売したので、嬉しかったです。期間が薄ーく残ってるんですよね……。今回完売した二つのタイトルについては増刷予定です。『&Blue』のほうとか、修正しないと増刷できないと泣いていたんですが自分用の読み返したら超絶エモくてこれはこれかなと思いました。見苦しい文章は全部捨て去りたいですが……そして『季刊ヘキ』に寄稿した「青い胸のキリン」という作品もどうにかできたらいいのですが。合わせて完全版とかそんなのはこっぱずかしいので、WEB公開か、薄いけど製本して無料で配るか、考え中です。間宮のひとたちかわいいのでなんかずるずる書きたくないんですけど……。
今回は新刊『病める白百合』と既刊『赤錆びと渇きの。』をセットで購入してくださるかた多くて嬉しかったです! 『病める白百合』には「美少年が! 美青年が!」て朝書いたポップを貼ってあったんですけど、おほめいただいてキュンとしました。
どの本も楽しんでいただければ幸いです。

また、当ブログ記事さかのぼっていただければ『病める白百合』『赤錆びと渇きの。』および『眩暈の紫』はアリスブックス様から通販もしているので、やっぱり欲しいなってかたはご検討ください。


◎今後のイベント参加予定
5月7日文学フリマ東京!
です。今回推薦をいただき、『鰐と運命的滅亡のメルルカ・アンポルカ』が文フリガイドに掲載されるようです。正直なところ文フリガイドにあまり関心が無かったので、超絶びっくりしました。推薦ありがとうございます。
じつはメルルカ・アンポルカもあと数冊しかないので、増刷しようと思います。できれば……。

その後のイベント参加予定は未定です。秋まで生きていたら秋もなにかするかもしれません。とりあえず6月頃までは地獄の釜に沈む予定です。がんばるぞ^^
……でも心死ぬまえに跳世でなんか書きたいので、カクヨムに投げる予定です。


ヲンブルペコネ



◎番外編:打ち上げ
前回同様、今回も公式打ち上げに参加しました。相変らずのわちゃわちゃで愉快でした。お酒を舐めました。二次会では八束さんや梶つかささん、水煮先生とご一緒させてもらいみなさんの闘志にゲラゲラしつつ楽しい時間を過ごせました。謝謝です。

2017年3月1日水曜日

『病める白百合』各種通販案内

こんばんは!!!!

先月(!)12日はCOMITIA119に参加していました。
その際のレポートなど書いていないのですが、楽しかったですー。

今回のブログ内容は、
▼『病める白百合』『Odd..』各種通販案内
▼テキレボ参加告知
▼???おまけ???
の3本立てとなります。

==================================================

①各種通販案内

『病める白百合』跳世ひつじ 装画:おいしいごはん

http://alice-books.com/item/show/6028-3

・アリスブックス様 750円
■イベント頒布価格よりも若干高い
□通販のやりとりがスムーズ、個人情報が私に渡らない
『赤錆びと渇きの。』と『眩暈の紫』(手持ち分完売)と合わせて買える!

楽ちんだと思います。
あと、『眩暈の紫』は増刷予定なしなので、委託分のみで終わりとなります。もし欲しい方がいらっしゃいましたら、委託分も数がないので、この機会に併せてお買い上げいただくことをおすすめします。

==================================================

・自家通販(booth) 600円

https://fallingoat.booth.pm/

■ちょっとまだヤマトのサービスを把握してないので、スマートレターで送ります
□イベント頒布価格+送料+手数料
イラスト×小説合同誌『Odd...』と合わせて買える!
(あとわたしにブ―――ストできます)

一応でやっています。(というのも、アリスブックスさんでの委託通販開始がかなり遅れたため)とりあえず開いておりますが、在庫と顔を見合わせつつ、そのうち閉めるかもしれません。
合同誌『Odd...』が買えるのはこちらかイベントのみになりますので、ぜひご利用ください! イラスト担当のあかりちゃんが熟考しまくっていた絵と、わたしの小説が3本入った素敵な薄い本です。

==================================================

・4月1日テキストレボリューションズ5の代行サービス

http://text-revolutions.com/event/daikouservice

詳しくは上のテキレボのページやTwitterをご覧ください。
テキレボに参加するサークルさんのご本の買い物代行をしてくださるサービスです。
本の代金+700円の手数料+送料
だったはずです。

当日は行けない! だけど!
大量に買い物したい! 無料配布を浚いたい! 何がしか参加したい!

そんなあなたにおすすめです。ついでにヲンブルペコネの本をリストに加えていただくと、当日に「代行でーす」と言ってスタッフの方が買いに来てくれるので、わたしが嬉しいです。

==================================================

②テキレボ参加告知

4月1日 浅草は台東館にてText-Revolutions5に参加します。
ブースは【B-19】です! 覚えてね◎

新刊(扱い)は『病める白百合』です!
たっぷり在庫確保してありますので、裸の美少年がみなさまの手に渡ることを切に願っています。
ちょっと完全なる新刊が出せる自信がないのですが、久しぶりに無料配布でも作ろうと思っています。っていうか、いま3月1日とか? 2日? だけど……大丈夫?

みなさんのご本を積んでしまっているので、少しでも読んでいきたいなーって思ってます。
今回は何の企画にも今のところ参加していないうえ、忙しくてなんだか大変そうなんですが、当日はよろしくお願いいたします。……みなさんの面白い本をくれー。

テキレボ参加できないかたも、代行サービスをばりばり使ってみてくださいね!(上のリンク先参照)こんなに便利なアレはそうそうないですし、まとめてお買い物をするチャンスですからね。(当日の売り切れなどは仕方ありませんので、そこは諦めましょう)。




主だった話題は以上です!
『病める白百合』はおいしいごはんさんのハイパーエロい表紙とともに全国に飛び立ってほしい、そんな気持ちでいっぱいですが、カクヨムでも読めます。ただ、製本版は序章を追加したのと、微細な修正をいくつかいれておりますので、おすすめはやっぱり製本版かなと思います。ホーン3作、ぜひまとめて読んでもらえたら嬉しいな。

※おまけ♡ホーン3作簡易案内※
(それぞれの作品には共通する人物もあるものの、物語としては独立しています)

①『赤錆びと渇きの。』→人形の少女×金髪の美青年のロマンチックバイオレンス
②『眩暈の紫』→双子の姉妹&魔術師の師弟、三角関係がこじれて歪んだラブストーリー(広義)
③『病める白百合』→美少年×美青年、「待て」ができる美少年(`・ω・´)小説

あなたはどれが好きですか? (わたしはわりと全部好きです)。
『赤錆びと渇きの。』はあるびのさんの表紙がサイコーにキャラクタと空気感を表現してくださっているので、迷ったらまずはこれ、これしかない。いちばん読みやすいです。
ですが、双子や愛のはなしが好きな方は『眩暈の紫』、美少年が好きなら『病める白百合』です。これしかない。


では、これまでで。
ヲンブルペコネ一同

2017年2月6日月曜日

【COMITIA119】新刊宣伝!『病める白百合』で獣になろう!【美少年】

来るCOMITIA119!
第一弾『病める白百合』です。なお最初の情報はスペース番号【み02b】です!

 おばんです。跳ぶほうのひつじです。
 此度はCOMITIAに初参戦ということで、張り切って本を作りました。そう、『病める白百合』です。昨年のテキレボ等で頒布した『赤錆びと渇きの。』および『眩暈の紫』とホーンという世界観を共有しております。そして3作もやったんだからホーンはこれでおしまいです。

☆まず、『病める白百合』はカクヨムにて公開しております。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881901416#reviews






 こちらに多少の修正と序章を追加し、おいしいごはんさんの装画がついたものが製本版『病める白百合』となっております。ので、内容を知っておきたいというかたはぜひカクヨム版をご一読ください。なんというか、こう、せまーいかんじのお話でもあるので……。

ばーん!表紙!


※この白い線は修正ではなく、背幅です。



☆本文抜粋

 扉に背を向けて真直ぐに前を見ると、なにかとらえがたいものが宙に浮いていた。否、浮いているのかはわからない。それは黒い、闇よりもなお濃い、純黒とあらわすべき、あらゆる景色から遊離した黒の、亀裂だった。あれには近づいてはならないと直感し、視線を横に向ける。左手はすぐ書架の壁、右手奥には巨大な寝台があった。寝乱れた敷布を目にしたとき、なにか禍々しい欲望が頭をもたげるのを感じた。
 扉の、対角線上。
 そこにそれはいた。
 机に向かって、一心不乱に何かを記していた。
 足元の狼が、真白い毛皮をした巨きな狼が、磁翠を見つめている――。
 闇はしたたるようだった。磁翠がもたらした揺らぎによって掻き乱された、その濃密な闇のもとで、痩せた少年の真白い髪は、あわい光を放っていた。ゆっくりと、引きのばされた時間が飴のように糸引くなかで、少年は振り向き、磁翠を見た。銀色の眸が、頭蓋の裏まで見通せそうに透きとおった眸が、洞を湛えて磁翠を見た。
 ――汚らわしい。
 と。直感した。
 精妙な造作のかんばせは、この世のものとは思えないほどうつくしいというのに、汚らわしいと。少年の、痩せ細った躰の隅々までが、汚れている。白い髪、白い膚、汚れを厭うて与えられたかのような色彩。青白い膚はのっぺりとしていて、薄い皮膚のしたの血管には青い血が流れているのではないかと思えるほどだった。睫も眉も白く、顔貌は、曖昧だ……。どんな、造作も関係がなかった。目で見るものより確かな感覚が、ぞわりと膚を粟立たせた。背をはしる怖気を生々しく感じた。恐怖と感嘆のうつろな余韻のうちで、磁翠は奇妙な思いに囚われた。

(この少年は、ものだ)
 p.15より


私は貴方に焦がれるあまり、きっとどこかをおかしくしたに相違ありません。ねえ、どこにいらっしゃるのです。私が古びてまったく朽ちてしまうまえに、貴方は私を抱きしめなければなりません。捨て去るくらいならば喰らってください。貴方の傷に封じられた、無数の血肉のひと欠片と成り果てようと、捨てられることに較べれば、いったいどれほどの幸福か、計ることはきっとかないません。けれどそんな不幸を、貴方はきっと私にお与えにはならないでしょう。貴方は私を愛しているのですから、そんな仕打ちはできないでしょう。たといいますぐに来られずとも、貴方は私を捨てない。けして。私はそう、信じております。
 いつほど、私を迎えに来てくださいますか。

 あわれな私の犬の役目に、終止符を打ってくださいますか。
p.18


(腹が減った……)
 夜会へ煙草の煙を空しく吸い込み、首を傾げる。ずいぶん髪が伸びてきていた。鬱陶しい黒髪を耳にかけて、磁翠は唇に触れた。腹が減った、と感じる。が、確かにサキが訝しんだように、近ごろの自分は食べても食べても足りない。思い当る節がなかった。特にいつもと異なる行動をしているわけでもない。魔術師の蔵書を漁り、女と遊んでイザとサキと食事をし、アネモネの喫茶店で煙草を喫って、アパートで眠るだけ――。
 噴水のなかへと煙草を捨てた。二本目に火を点けたところで、茂みから男が去っていった。磁翠は腰を上げ、いましがた男が出てきた茂みへと踏み込む。肌も露わな娘が、ぐったりと力を脱いて横たわっている。コルセットからは乳房が溢れかけ、ドレスの骨は外されている、滑稽なのに扇情的なすがた。彼女は磁翠を見上げると、驚くほど屈託なく微笑み、両腕を伸ばす。
「…………」
(腹が減った)
 丸い胸に手を伸ばして掴んだ。娘の唇からあえかな息が漏れる。絶頂の余韻に浸っていたのであろう娘は、頬を火照らせて悩ましく躰をくねらせた。前の男で汚れた躰であろうとも、彼には関わりがなかった。磁翠は上着も脱がず、煙草も捨てないまま、身を沈める。
pp.37-38


 という感じです!少しは雰囲気が伝わったでしょうか。
 
【詳細】本文72頁、B6判2段組、600円、装画:おいしいごはん

 もう一度書きますが、COMITIA119、【み02b】で頒布いたします~。おそらく『赤錆びと渇きの。』も手元にある数冊だけになってしまうのですが、持って行きますので、よろしくお願いいたします。







▼以下、わたしの『病める白百合』への思い入れについてのグダグダです

 『病める白百合』になぜ思い入れがあるかというと、という恥ずかしい話をしようと思います。それはさかのぼることX年……JKになったわたしはケータイ電話を手にして真っ先に何をしたかというと、ケータイ小説サイトへの登録!でした。とにかくケータイ小説に憧れていて(中学生のときに大流行しましたが、わたしはケータイ電話を持っていなかったので、鬱屈していた)、書きたくて読みたくてたまらなかったんです。そして某魔法の島に居を落ち着けるころには、いまの十倍くらいの規模のお話をけっこう書いていました。その中にホーンを舞台にしたお話がありまして、『病める白百合』の美少年・ジュリアンはその小説の登場人物なのです!
 JKの頃からこんな性癖かというとそんなこともなく、まじめに少女小説を書いていました。ぜーんぶファンタジーで、跳世ひつじはいわばJKです。JK的に書きたかったことをいまスケベを交えてもりもり書いています。ここまでいうと特定できてしまうんですが(なにせ削除していないので)、見つけても静かに手を合わせてあげてください。削除できないんですよ、なんだかもったいなくて。
 そんなこんなで、『病める白百合』は赤錆びと眩暈よりあとに書いたものの、大元のお話の玄孫ぐらいなものですから、未練と思い入れがたっぷりです。唐突に出てくる固有名詞はだいたいぜんぶその大元の作品の人物です。ものすごく個人的な作品ですね。同時に赤錆びと眩暈に共通して登場したアネモネも『病める白百合』でけっこういいポジションにおりますし、新旧交えて過去のわたしと手を繋いだような気分です。




▼まあそんなたわごとはいいにして、とにかく表紙、最高じゃないですか?
 最高ですよね……。
 わたしは美少年よりも美青年が好きなのですが、このジュリアンをいただいたときは感激で。おいしいごはんさんの描かれる絵の色彩と、顔面が非常に好きなので、今回お願いして本当に良かったなぁと思います。まだ現物を見ていないのでアレですが、綺麗な本に仕上がっていたらいいなあ。

 わたしのなかの美少年観が全面に出たお話だと思います。不在の何かを待っていて、唯一の愛と自己存在をがっちりつなぎ合わせていて、寂しくてたまらなくて、同時に死んでいる。すべてに無自覚でかわいそう。誘惑者であると同時に、おいしくなさそう。穢いけどきれい。下品。
 美青年に関しては『赤錆びと渇きの。』のマリアがマイ・フェイバリットですが、美少年と言えばジュリアン、ジュリアンといえば美少年なのです。時が止まっていて、ほとんど死体であるところの美少年!との獣淫!磁翠が磁翠になったのはなんとなくアジアっぽい美青年を想像したらかわいいなと思ったからです。骨が細そうなおとこ同士、それでも確実に違うもの同士が乳繰り合っていたらいいなと。文章に関しては可読性のきわめて低いかんじなので、筆がすべりすぎてどうにもならないからすべるにまかせたことは否定できません。欲望ですね。
 
 『赤錆びと渇きの。』と『眩暈の紫』は日常もの、『病める白百合』はジュリアンと磁翠というふたりを主人公格に配しながらも、まったく交わらないので、なんと呼べばいいかよくわかりません。このふたり、関係を築いていないので……なにせ美少年なので……。
 ですが、読んでいただけたら嬉しいなーと思います。表紙のうつくしい絵につられて手に取ってうわくっせぇと思っていただいてもいいですし、美少年は骨と皮と腐った内臓!と賛同していただけたら嬉しいなあ。美少年の内臓なんてねぇ、腐ってなけりゃあるいは冷凍食品みたいなもんですよ。
 えんえんと美少年と美青年と美少女について語りたいくらいの気持ちです。

  COMITIA119ではぜひ遊びに来てくださいねー!
 あわせて、合同誌『Odd...』もお手に取っていただけたら嬉しいです。

跳世ひつじ